情報コミュニケーション入門m/情報リメディアルm

講義要項講義録練習用教材実習課題

2018年度版 最終更新 2018.04.19 18:35

○講義要項

目標 情報コミュニケーションに必要となる基礎的知識の学習・アプリケーションの 実践的利用の能力向上を目指すとともに,キャリアアップ (「ITパスポート試験」等の資格取得) のための基礎的技量を身につける。
講義内容・計画 コンピュータやインターネットの登場は,科学技術上の革命をもたらしただけ でなく,社会・経済・文化にもグローバル化・ボーダーレス化といった新たな 側面を与える結果となった。本講義は,大学生として最低限身につけていてほ しい情報コミュニケーション(ICT)スキルの習得を目的とする授業である。ICT 社会に対する基本的な理解と情報リテラシーを身に着けることで,在学中の教 育研究に必要なICTスキルの習得と,発展的なスキルを自力で学べる基礎能力の 習得を目標とする。
1週目は,科目内容のオリエンテーションと電子メールの使い方について授業を 行います。2018年度の新入生はクラス分け前なので,指定された「暫定クラス」 で授業を受けて下さい。 2週目以降については,以下の順序で実習を進めます。

2. 電子メールの作法
3. プレゼンテーション支援ソフト(1)
4. プレゼンテーション支援ソフト(2)
5. 情報の収集と利用/情報倫理・情報セキュリティ
6. 表計算ソフト(1)
7. 表計算ソフト(2)
8. 表計算ソフト(3)
9. 表計算ソフト(4)
10. 総合実習(1)
11. ワードプロセッサ(1)
12. ワードプロセッサ(2)
13. 総合実習(2)
14. 総合実習(3)
15. 授業の総括
成績評価方法 平常点(実習課題の提出)60%
ペーパーテスト(期末試験)40%
教科書・参考文献・図書 教科書:坂口利裕『情報コミュニケーション入門』,昭晃堂,2009
    学内LANからのみアクセスできるPDF版
参考書:草薙信照(2012)『情報処理[第3版]』,サイエンス社
 辻野嘉宏『ITの基礎知識』,昭晃堂,2000
 坂村健『痛快!コンピュータ学』,集英社文庫,2002
 筧捷彦・辰己丈夫『インターネット時代の書法と作法』,サイエンス社,1999
 藤沢晃治『「分かりやすい表現」の技術』,講談社ブルーバックス,1999
 藤沢晃治『「分かりやすい説明」の技術』,講談社ブルーバックス,2002
 ITパスポート試験の参考書・例題集など適宜
その他は,授業で随時紹介

○講義録

PowerPointスライドショーの閲覧・印刷手順はこちら(PDF文書)を参照
日程 内容
1 2018.04.10
2018.04.12
2018.04.13
科目オリエンテーション
ネットワークの仕組みと電子メールの使い方
(PowerPointスライドショー)
2018年度入学者は指定された暫定クラスへ出席
2017年度以前の入学者に対しては,初回についてもクラス別にオリエンテーションを行ないますので 希望する履修クラスがmの人は2018.04.13に出席してください。
2 2018.04.20 [Part1] クラスオリエンテーション (PowerPointスライドショー)
成績評価の話
聴講カードの提出
|__ 2018年度入学者で指定外のクラスとして履修する場合は,裏面に理由を記入した上で提出のこと
[Part2] 電子メールの仕組みと設定
設定手順の概略は暫定クラスで使用したPowerPointスライドショーの後半部分を閲覧してみてください。
|__ 設定内容の説明は「ここ」をクリックすると参照できます。
事前に設定方法が不明だった人は,時間中には設定を完了させて,自分自身のアドレスを使った送受信の練習を。
事前に設定を終えている方は,周囲の方のサポートを積極的に行なってみてください。
授業の最後には出欠代わりのメールを送信してもらいます(送信する内容は当日指示します)。
着席できなかったため授業時間中にできなかった人は,本日(2018.04.20)中の送信でOKです。

文字入力の速度が気になる人はタイピング練習のためのサイトも公開されているので,ゲーム感覚でトライしてみるのもいいでしょう。

タイピング練習 (日本語編) - Benesse マナビジョン
インターネットでタイピング練習 イータイピング | e-typing ローマ字タイピング
など。

3 2018.04.27 プレゼンテーション支援ソフト(1) (PowerPointスライドショー)
|__ 教科書関連部分【第7章】 (PDF文書:学外からはアクセス不可)
|__ 教科書関連部分【第2章】 (PDF文書:学外からはアクセス不可)
|__ 練習用の教材があります。
e-Learningサイトへの登録が終わっている人は,同じ内容のものを掲載していますので確認しておきましょう。
|__ 連休明けの2018.05.11の授業からは,教材等は原則としてe-Learningサイトにのみ置くことになりますので,早目に(連休前には)登録を終えておくこと。
|__ 登録手順を参照してください。
* 2018.05.04
(みどりの日)
【祝日なので授業はありません】
4 2018.05.11 プレゼンテーション支援ソフト(2)
5 2018.05.18 情報の収集と利用/情報倫理・情報セキュリティ
6 2018.05.25 表計算ソフト(1)
7 2018.06.01 表計算ソフト(2)
8 2018.06.08 表計算ソフト(3)
9 2018.06.15 表計算ソフト(4)
10 2018.06.22 総合実習(1)
11 2018.06.29 ワードプロセッサ(1)
12 2018.07.06 ワードプロセッサ(2)
13 2018.07.13 総合実習(2)
ここまで(第2〜12週)の授業で説明しきれていなかった部分の補足を中心に,デモンストレーション・補足の実習を行い, とりあえずの授業のまとめとします。
14 2018.07.20 総合実習(3)
実習課題(1〜3)のうち,修正指示への対応の仕方が不明な人へのQ&Aを中心に行います。
第14週に関しては出欠をとりませんので,授業への参加は任意とします。
15 2018.07.27 授業の総括(期末試験)
一般教室にて行ないます。
授業評価アンケートも実施予定です。
* 2018.08.03
(補講日)
(予備日)([2018.04.06現在]補講は予定していません)

○練習用教材

日程 内容
3 2018.04.27 練習1:ssp_01.pptx (PowerPointプレゼンテーション)
|__ いったん「保存」(ダウンロード)してから開くこと。
練習2:ssp_02.pdf (PDF文書)
|__ 説明に従い,手順4まで仕上げます。

○実習課題

返信メールや返却された提出物中にコメント参照番号が 記入されていた場合は,ここから検索してください。
再提出となった場合の期限は,原則として本来の提出期限の1週間後とします。

  実習課題1 
  実習課題2 
  実習課題3 
  実習課題4 
  期末試験
    |__ 一般教室での筆記試験