情報コミュニケーション入門m

講義要項講義録練習用教材実習課題

2017年度版 最終更新 2017.08.10 20:30

○講義要項

目標 情報コミュニケーションに必要となる基礎的知識の学習・アプリケーションの 実践的利用の能力向上を目指すとともに,キャリアアップ (「ITパスポート試験」等の資格取得) のための基礎的技量を身につける。
講義内容・計画 コンピュータやインターネットの登場は,科学技術上の革命をもたらしただけ でなく,社会・経済・文化にもグローバル化・ボーダーレス化といった新たな 側面を与える結果となった。本講義は,大学生として最低限身につけていてほ しい情報コミュニケーション(ICT)スキルの習得を目的とする授業である。ICT 社会に対する基本的な理解と情報リテラシーを身に着けることで,在学中の教 育研究に必要なICTスキルの習得と,発展的なスキルを自力で学べる基礎能力の 習得を目標とする。
1週目は,科目内容のオリエンテーションと電子メールの使い方について授業を 行います。2017年度の新入生はクラス分け前なので,指定された「暫定クラス」 で授業を受けて下さい。 2週目以降については,以下の順序で実習を進めます。

2. 電子メールの作法
3. プレゼンテーション支援ソフト(1)
4. プレゼンテーション支援ソフト(2)
5. 情報の収集と利用/情報倫理・情報セキュリティ
6. 表計算ソフト(1)
7. 表計算ソフト(2)
8. 表計算ソフト(3)
9. 表計算ソフト(4)
10. 総合実習(1)
11. ワードプロセッサ(1)
12. ワードプロセッサ(2)
13. 総合実習(2)
14. 総合実習(3)
15. 授業の総括
成績評価方法 平常点(実習課題の提出)60%
ペーパーテスト(期末試験)40%
教科書・参考文献・図書 教科書:坂口利裕『情報コミュニケーション入門』,昭晃堂,2009
    学内LANからのみアクセスできるPDF版
参考書:草薙信照(2012)『情報処理[第3版]』,サイエンス社
 辻野嘉宏『ITの基礎知識』,昭晃堂,2000
 坂村健『痛快!コンピュータ学』,集英社文庫,2002
 筧捷彦・辰己丈夫『インターネット時代の書法と作法』,サイエンス社,1999
 藤沢晃治『「分かりやすい表現」の技術』,講談社ブルーバックス,1999
 藤沢晃治『「分かりやすい説明」の技術』,講談社ブルーバックス,2002
 ITパスポート試験の参考書・例題集など適宜
その他は,授業で随時紹介

○講義録

PowerPointスライドショーの閲覧・印刷手順はこちら(PDF文書)を参照
日程 内容
1 2017.04.07
2017.04.11
2017.04.13
科目オリエンテーション ネットワークの仕組みと電子メールの使い方 (PowerPointスライドショー)
2017年度入学者は指定された暫定クラスへ出席
2016年度以前の入学者に対しては,初回についてもクラス別にオリエンテーションを行ないますので 希望する履修クラスがmの人は2017.04.07に出席してください。
2 2017.04.14 [Part1] クラスオリエンテーション (PowerPointスライドショー)
成績評価の話
聴講カードの提出
|__ 2017年度入学者で指定外のクラスとして履修する場合は,裏面に理由を記入した上で提出のこと
[Part2] 電子メールの仕組みと設定
設定手順の概略は暫定クラスで使用したPowerPointスライドショーの後半部分を閲覧してみてください。
|__ 設定内容の説明は「ここ」をクリックすると参照できます。
事前に設定方法が不明だった人は,時間中には設定を完了させて,自分自身のアドレスを使った送受信の練習を。
事前に設定を終えている方は,周囲の方のサポートを積極的に行なってみてください。
授業の最後には出欠代わりのメールを送信してもらいます(送信する内容は当日指示します)。
着席できなかったため授業時間中にできなかった人は,本日(2017.04.14)中の送信でOKです。
3 2017.04.21 プレゼンテーション支援ソフト(1) (PowerPointスライドショー)
|__ 教科書関連部分【第7章】 (PDF文書:学外からはアクセス不可)
|__ 教科書関連部分【第2章】 (PDF文書:学外からはアクセス不可)
|__ 練習用の教材があります。
e-Learningサイトへの登録が終わっている人は,同じ内容のものを掲載していますので確認しておきましょう。
|__ 連休明けの2017.05.12の授業からは,教材等は原則としてe-Learningサイトにのみ置くことになりますので,早目に(連休前には)登録を終えておくこと。
|__ 登録手順を参照してください。
4 2017.04.28 プレゼンテーション支援ソフト(2) (PowerPointスライドショー)
|__ 前半は前回(練習2)の後半部分を仕上げていきます。
    |__ 自力で仕上げられた人は,おまけの練習教材を各自でこなしてみてください。
|__ 実習課題1を出題します。
【再】e-Learningサイトへの登録が終わっている人は,同じ内容のものを掲載していますので確認しておきましょう。
|__ 連休明けの2017.05.12の授業からは,教材等は原則としてe-Learningサイトにのみ置くことになりますので,早目に(連休前には)登録を終えておくこと。
|__ 登録手順を参照してください。
* 2017.05.05
(こどもの日)
【祝日なので授業はありません】
5 2017.05.12 今回から,e-Learningサイトの使用を前提とします。授業の冒頭に,サイトへの登録の確認し,投票調査を行います。
|__ 投票調査への回答をもって本日の出欠に代えます。
情報の収集と利用/情報倫理・情報セキュリティ (PowerPointスライドショー)
|__ 教科書関連部分【第3章】 (PDF文書:学外からはアクセス不可)
|__ 教科書関連部分【第9章】 (PDF文書:学外からはアクセス不可)
実習課題1に対するQ&Aも受けます。
6 2017.05.19 表計算ソフト(1) (PowerPointスライドショー)
練習用教材はe-Learningサイトにおいてあります。
7 2017.05.26 表計算ソフト(2) (PowerPointスライドショー)
練習用教材はe-Learningサイトにおいてあります。
|__ 実習課題2を出題します。
8 2017.06.02 表計算ソフト(3) (PowerPointスライドショー)
練習用教材はe-Learningサイトにおいてあります。
9 2017.06.09 表計算ソフト(4) (PowerPointスライドショー)
練習用教材はe-Learningサイトにおいてあります。
10 2017.06.16 前半は前回の「オープンデータ」の活用に関する実習を行います。
総合実習(1) (PowerPointスライドショー)
実践スキルのみならず基礎知識の定着も教科書(PDF版)を使って行なってきましょう。
  |__ 教科書の復習ポイント(第2章)
    |__ 実践としては,ファイルの整理(フォルダ作成,ファイル移動,ファイル複写,ファイル削除),
    |__ ウィンドウの切替え,ウィンドウの制御がスムースにできているかどうかを自己点検。
  |__ 教科書の復習ポイント(第3章)
    |__ 実践としては,メールの作法(署名やメッセージ形式の設定,件名や内容の書き方マナー)を理解し,
    |__ 返信・転送がスムースに行なえること,安全性と危険性を理解しつつネットワーク利用できているかを自己点検。
本日の出欠メールの内容はe-Learningサイトにおいてあります。
|__ 実習課題3を出題します。[2017.06.16 11:50 に掲載]
11 2017.06.23 ワードプロセッサ(1) (PowerPointスライドショー)
練習用教材はe-Learningサイトにおいてあります。
12 2017.06.30 ワードプロセッサ(2) (PowerPointスライドショー)
練習用教材はe-Learningサイトにおいてあります。
|__ 実習課題4を出題します。
13 2017.07.07 前回(第12週)の練習教材(1)の補足・実習課題4の解説を行なってから,以下に進みます。
総合実習(2) (PowerPointスライドショー)
ここまで(第2〜12週)の授業で説明しきれていなかった部分の補足を中心に,デモンストレーション・補足の実習を行い, とりあえずの授業のまとめとします。
[再掲]実践スキルのみならず基礎知識の定着も教科書(PDF版)を使って行なってきましょう。
  |__ 教科書の復習ポイント(第2章)
    |__ 実践としては,ファイルの整理(フォルダ作成,ファイル移動,ファイル複写,ファイル削除),
    |__ ウィンドウの切替え,ウィンドウの制御がスムースにできているかどうかを自己点検。
  |__ 教科書の復習ポイント(第3章)
    |__ 実践としては,メールの作法(署名やメッセージ形式の設定,件名や内容の書き方マナー)を理解し,
    |__ 返信・転送がスムースに行なえること,安全性と危険性を理解しつつネットワーク利用できているかを自己点検。
14 2017.07.14 総合実習(3)
実習課題(1〜3)のうち,修正指示への対応の仕方が不明な人へのQ&Aを中心に行います。
第14週に関しては出欠をとりませんので,授業への参加は任意とします。
[2017.07.14] 添削作業が難航しており,当日までに添削結果の連絡を受けられていなかった人は
  オフィスアワー(水曜13:00〜15:00)の時間にQ&Aを受け付けます。希望者は,
  この時間に研究室にいらしてください。
15 2017.07.21 授業の総括(期末試験)
一般教室にて行ないます。
授業評価アンケートも実施予定です。
* 2017.07.28
(補講日)
(予備日)[2017.04.06現在] 補講は予定していません

○練習用教材

日程 内容
3 2017.04.21 練習1:ssp_01.pptx (PowerPointプレゼンテーション)
|__ いったん「保存」(ダウンロード)してから開くこと。
練習2:ssp_02.pdf (PDF文書)
|__ 説明に従い,手順4まで仕上げます。手順4までの段階で保存したファイルをメールで送ってください。
|__ 宛先やメールの件名については,本日のPowerPointスライドを参照のこと。本日(2017.04.21)中に届くようにしてください。
|__ (自宅のPCにPowerPointがインストールされていない人は自宅では作業ができないことがあります。
|__ YCU Mailの実体である Office365 でオンライン版のPowerPointを使用できますが,あくまで緊急用として利用してください。)
|__ 3ページ目以降の後半部分については次回に行いますが,余力のある人は,予習のつもりでまず自力で仕上げるようトライしてみてください。
|__ ファイルの添付の手順については「ここ」を参照(PDF文書)
4 2017.04.28 前回の練習2の後半部分を実践します。
|__ 自力でこなせてきた人は,おまけの練習課題をe-Learningサイトに置いてあります。
|__ 登録手順を参照して,クラスmに登録してから閲覧してみてください。
これ以降の実習用教材は,原則としてe-Learningサイトにのみ置いておきます。

○実習課題

返信メールや返却された提出物中にコメント参照番号が 記入されていた場合は,ここから検索してください。
再提出となった場合の期限は,原則として本来の提出期限の1週間後とします。
   練習(出欠メール等)の受理状況確認
     |__ 学籍番号を入力すると,各自のアドレスにメールで送信します。リアルタイムに更新されるわけではないので,[現在時刻]に注意
         して,日に1度くらい試してください。なお,メールによる出欠確認には順次返信をしていますので,あわせて確認してください。
  実習課題1 [2017.04.28出題/2017.05.19期限] 内容・提出要領 受理状況
  実習課題2 [2017.05.26出題/2017.06.092017.06.16期限] 課題内容・提出要領(PDF文書) 仕上見本(PDF文書) 受理状況
    |__ 見本はPDF文書で掲載していますが,提出は必ずExcelファイルを使用してください。Wordに貼り付けたファイルも認めません。
    |__ また,見本ではグラフを2つ作ってありますが,提出要領にあるように,グラフは(的確なものを)1つ作ってあれば十分です。
  実習課題3 [2017.06.16出題/2017.06.30期限] 課題内容・提出要領(PDF文書) 受理状況
  実習課題4 [2017.06.30出題/2017.07.14期限] 課題内容・提出要領(PDF文書) 受理状況
  期末試験
    |__ 一般教室での筆記試験
         [2017.07.21] 受験者(76名)
          履修ガイドの『追試験』申請を認める事由による欠席者は教務担当の窓口にて2017.07.27までに手続きを取ること

  成績評価(筆記試験・実習課題)について(PDF文書)[2017.07.07掲載]
    |__ クラス分け試験の過去問情報(参考)
        [2017.07.14] 添削作業が難航しており,13日までに添削結果の連絡を受けられていなかった人は
          オフィスアワー(水曜13:00〜15:00)の時間にQ&Aを受け付けます。希望者は,
          この時間に研究室にいらしてください。
        [2017.07.21] 添削作業が難航しておりまうm(_ _)m
          2017.07.14 以降に添削結果の返信をもらった人で,修正指示への対応方法が不明な方は,次回の
          オフィスアワー(2017.07.26, 水曜13:00〜15:00),および,
          補講日(2017.07.28, 金曜1限)の時間もQ&Aを受け付けます。
          希望者は,この時間に研究室にいらしてください。
        [2017.08.10] 難航しておりましたが,ようやく実習課題の添削が終了しましたm(_ _)m
          未提出・不受理の実習課題の追加提出・再提出の期限は,2017.08.16(水) 24:00 までとします。
         上の「成績評価」の内容をよく読み,必須としてある課題については必ず提出してください。